貧困と教育について考える

貧困と教育について考える 貧困という言葉が、インターネットやテレビなどで昔より多く聞かれるようになりました。日本は豊かな国であると思っている人はきっと幸せな人です。豊かな日本の中で、毎日の食べるものにも困っている貧困家庭が実際に多くあります。その多くはシングルマザーで働きながら子育てをしている母子家庭に多いです。女性は男性に比べると平均年収が低いですし、正規雇用者の人数が少ないです。その理由は子育てをしながら仕事をしているわけで、時間に制限があったり子供の体調不良で仕事を休まなければいけないという理由で仕事を選ばざるをえないからです。

日々の生活費に困窮している貧困家庭で育つ子供の多くは習い事をしていませんし塾に通う金銭的余裕もありません。そのため、学力が平均より低かったり自分が望む学校へ進学することができないです。より高い教育を受けたいと思っていても受けることができない現実があります。低学歴だと将来就くことができる職業も限られます。資格をとり、高収入の仕事に就きたいと考えてもできないです。この繰り返しが貧困の連鎖を生んでしまいます。貧困を連鎖させないためには教育が必要です。母子家庭や貧困家庭の子供でもより高い教育を受け、自分が望む将来を手にすることができるようになる世の中にしなければなりません。

おすすめ情報